キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索 (
HOME > 第3回 日本国際合唱作曲コンクール(ICCC Japan 2017)

第3回 日本国際合唱作曲コンクール(ICCC Japan 2017)


「第3回日本国際合唱作曲コンクール(ICCC Japan 2017) 」(主催: 東京合唱アライアンス"耕友会"、協賛: 株式会社 パナムジカ、芸術委員長: 松下耕)の募集要項が発表されました!

「ICCC Japan」は、新たな合唱音楽のレパートリーの発信と、合唱音楽の更なる普及を目的とした、2015年から開催されている日本発の新しいコンクールです。
第3回となる「ICCC2017」は、ミシュキニス、チョピ、ジェンジェシ、アントニーニ、そして新実徳英という合唱音楽を知り尽くした豪華メンバーが作品を審査します。

優勝作品は、パナムジカより出版されることが保証されており、第2位、第3位の作品も、審査員の推薦により出版の可能性があります。

また入賞作品は、松下耕の合唱団の集合体である、The Metropolitan Chorus of Tokyoにより、軽井沢国際合唱フェスティバル2017の中で初演されYouTubeLiveによるインターネット生中継で全世界に配信されることになっています。

あなたの作品が全世界で歌われる素晴らしいチャンスです。
また作曲家でない皆さんにとっても、世界的なレパートリーが生まれる瞬間に立ち会える絶好の機会といえるでしょう。
今回も多くの素晴らしい作品がこのコンクールから誕生することを楽しみにしております。


豪華審査員
・ヴィタウタス・ミシュキニス (リトアニア)
・アンブロジュ・チョピ (スロベニア)
・レヴェンテ・ジェンジェシ (ハンガリー)
・イヴォ・アントニーニ (スイス)
・新実徳英 (日本)

優勝作品の出版
優勝作品は、パナムジカより出版されることが保証されており、第2位、第3位の作品も、審査員の推薦により出版の可能性があります。
また入賞作品は、松下耕の合唱団の集合体である、The Metropolitan Chorus of Tokyoにより、第13回軽井沢国際合唱フェスティバルの中で初演されYouTube Liveによるインターネット生中継で全世界に配信されます。 あなたの作品が全世界で歌われる素晴らしいチャンスです。 多くの素晴らしい作品がこのコンクールから誕生することを楽しみにしております。

第1回日本国際合唱作曲コンクール 参加規程 申し込み方法 他各概要(ICCCサイトより抜粋) ◇参加規程
参加は、どの国のどのような国籍の方でも可能であり、プロ、アマを問わず、また、年齢制限もない。一人の参加者が何作品でも応募することが出来る。

◇楽曲形態規定
・歌唱形態がSATBであること。各声部2部のdiv.まで可。
・ア・カペラの作品であること。
・楽曲の実演奏時間は、3分以上5分以内であること。
・スコアの1ページ目、最上段に演奏時間を明記すること。
・使用テキストは、ラテン語であること。

◇参加費用
・1作品につき5,000円 (*早期申し込み割引あり)

◇申し込み方法
作品は、Finale, Sibelius等の楽譜制作ソフトを使い、データをPDFファイルにし、Emailにて、エントリーフォームおよび必要書類とともに提出。

◇提出期限
2017年3月31日23:59GMT (日本時間4月1日08:59)

◇発表
2017年5月中旬までに第1次審査を行ない、結果はICCCJapanウェブサイトで発表する。
最終結果発表は、「第13回軽井沢国際合唱 フェスティバル」(日時の詳細は別途告知)の中で行われる。

◇プライズ
・優勝作品
  株式会社パナムジカより出版されることが保証される。
  賞金 10万円

・入賞作品
  「第13回軽井沢国際合唱フェスティバル」の中で初演され、その模様はインターネット生中継で全世界に配信される。

第3回日本国際合唱作曲コンクール 問い合わせ・お申し込み そのほか詳細は主催者公式サイトにてご確認ください
http://icccj.org/jp/

■お問い合わせ先
東京合唱アライアンス耕友会 日本国際合唱作曲コンクール事務局
〒252-0206
神奈川県相模原市中央区淵野辺2-7-10-1103
Email: info@icccj.org
電話:042-786-6517 / Fax: 042-786-6518

●第一回日本国際合唱作曲コンクール結果内容・映像はこちら
●第二回日本国際合唱作曲コンクール結果内容・映像はこちら

キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索