キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索 (

Assumpta est Maria

Assumpta est Maria

ミサの奉献唱をテキストにした、ルネッサンスのモテットの形を保
ちながらも活き活きとした動きのある女声合唱曲です。 幕開けの
モチーフは歌いだしのドの音から4歩目、5歩目で力強く踏み切って
跳躍し、'caelum'(「天」)の和音で解決します。それに対応する
ようにその同じ和音が終結部で歌う'Maria'に現れるのですが、「
マリア」と「天」で同じ和音を用いることで、聖母被昇天の神秘を
美しい音楽で見事に描写しました。 
天使の歓びとアレルヤのコーラスはこのモテットのなかでも特にす
ばらしい部分で、遊び心にあふれたフレーズの繰り返しと小粋なタ
イミングを作りだす8分休符が吹き込まれたことで言葉の強調は避
けられ、むしろ舞曲的なシンコペーションがつくられています。ダ
イナミックなクライマックスは'cum Christo regnat in aeternum'
(「キリストとともにとこしえに王となられた」)の言葉とともに
、'aeternum'(「永遠」)と歌う輝きの変ホ長調へ駆け上り、その
讃歌的なフォルテは5小節にもわたって鳴りつづけます。

パナムジカコード FZMTKHK
単価 860円
数量:
  • 作曲者:松下 耕(まつした こう)
  • 編曲者:
  • 出版社:Carus
  • 作詞者:
  • 訳詞者:
  • 編成:女声
  • 声部数:4
  • 声部編成:SSAA
  • 伴奏:アカペラ
  • 言語1:ラテン語
  • 言語2:
  • 演奏時間:3'00"
  • ページ数:7
  • アーティスト:

曲目リスト

  曲目 作曲者名
1 Assumpta est Maria 松下 耕

曲目の詳細

  1. Assumpta est Maria
    作曲者:松下 耕
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:4
    声部編成:SSAA
    伴奏:アカペラ
    言語1:ラテン語
    言語2:
    演奏時間:3'00"

キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索